忍者ブログ

尖晶石ノート

2009/05/02 富山 21/29 富山県花総合センター 1

1/29から見る  4/29 となみチューリップフェアから見る



チューリップフェア会場の砺波チューリップ公園の隣にある富山県花総合センターへ移動しました。
会場へは再入場できます。



001_0905021245D_1086.jpg
186.
サトザクラ  Prunus serrulata (P. lannesiana)  バラ科

サトザクラもそろそろ終わりの時期でした。



002_0905021239C_1080.jpg
187.
ムラサキハシドイ (ライラック)  Syringa vulgaris  モクセイ科



003_0905021239C_109002.jpg

004_0905021250D_1093.jpg

005_0905021249D_1091.jpg
188. 189. 190.
スパラキシス (スイセンアヤメ)  Sparaxis tricolor  アヤメ科
南アフリカ西部原産

分類別: アヤメ科



006_0905021250D_1096.jpg
191.
オオアマナ (オーニソガラム・ウンベラツム)  Ornithogalum umbellatum  ヒヤシンス科
ヨーロッパと北アフリカに広く分布

関東あたりですと、道ばたやちょっとした空き地などにハナニラが群生しているのをよく見かけますが、
こちらでは同じノリでオオアマナが群生しているのを見かけました。
ハナニラもあるにはあるのですが、それほど多くはなかったです。

たしかにオオアマナは強健な球根植物で、関東でも群生しているのを見かけることはありますが、
それほど多いという印象ではありません。
ハナニラとオオアマナで適した気候や土質が微妙に違うのかもしれませんね。

分類別: ヒヤシンス科



007_0905021251D_1098.jpg
192.
ダッチアイリス ‘ブルーダイヤモンド’  Iris × hollandica 'Blue Diamond'  アヤメ科アヤメ属

分類別: アヤメ属



008_0905021306C_1107.jpg
193.
ナルキッサス・ブルボコジューム  Narcissus bulbocodium ssp. bulbocodium  ヒガンバナ科スイセン属
イベリア半島原産

オベススと比べると葉が立ち上がるのが特徴です。

分類別: ヒガンバナ科



009_0905021306D_1105.jpg
194.
レンゲツツジ  Rhododendron molle ssp. japonicum  ツツジ科
北海道から九州の高地

落葉性。
強い毒があることで知られます。



010_0905021320D_1126.jpg
195.
ヌマスノキ (ブルーベリー)  Vaccinium cv.  ツツジ科
北米原産



011_0905021323D_1131.jpg

 011_0905021323D_1131.jpg
196. 197.
プリムラ・ヴェリス (キバナノクリンザクラ)  Primula veris  サクラソウ科
ヨーロッパ全域、西アジア、コーカサス原産

ヨーロッパでは薬草として使われてきました。
今でものど飴などに処方されていることがあります。

2003/05/03 バラクラ・イングリッシュガーデン







22/29 富山県花総合センター 2へつづく


カテゴリー: 植物園


コメントはこちらへどうぞ






196. 197.以外
D70s 
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di
PLフィルター使用

196. 197.
PowerShot G6





投稿 2009/07/03
更新 2010/08/25 サムネサイズ




 

拍手[0回]

2009/07/03|カテゴリー 植物園Comment↑このページのTopへ

古い記事< トップページ >新しい記事

カーソルを合わせると移動先のページのタイトルが表示されます
PR
広告は当方が設置したものではありません