忍者ブログ

尖晶石ノート

2007/10/05 南紀白浜 4/7

1/7から見る


続いてパンダランドへ。



035_0710061155D_4564.jpg
038.
036_0710061156D_456902.jpg
039.
037_0710061201D_4571.jpg
040.
ジャイアントパンダ  クマ科
中国中部の山地に分布
以前はアライグマ科に置かれていました。

2006年12月に産まれた愛浜(アイヒン)と明浜(メイヒン)です。
同じ展示室にいましたがどちらがどっちかはわかりません。

アドベンチャーワールドではこれまで(2009年4月現在)9頭の繁殖に成功しています。



続いてサファリワールドへ。



038_0710061247D_4579.jpg
041.
アメリカレア  レア科

南米に分布するダチョウの仲間です。
レアにはアメリカレアとダーウィンレアの2種がいますが、
アメリカレアは首の付け根が黒っぽいのが特徴のようです。



039_0710061254D_458902.jpg
042.
シロオリックス  ウシ科
北アフリカに分布



 040_0710061257D_4593.jpg
 043.
チャップマンシマウマ  ウマ科
アフリカ中南部に分布

ひとくちにシマウマといってもたくさんの種類がいます。
チャップマンシマウマはお尻の黒い縞の間に薄い筋が入るのが特徴です。



041_0710061257I_797402.jpg
044.
アミメキリン(手前)とマサイキリン(奥)  キリン科
両種ともアフリカ中東部に分布

キリンも種類が多く、アミメキリンとマサイキリンは網目模様の形で区別できます。



042_0710061259D_4597.jpg
045.
台に上がって手で餌を与えられます。



044_0710061313D_4609.jpg
046.
ブラックバック  ウシ科
インド周辺に分布

右の黒い方が雄です。



045_0710061318D_4616.jpg
047.
アジアスイギュウ  ウシ科
南アジアに分布

誰かに似ている気が・・・



046_0710061323D_4620.jpg
048.
ウマレイヨウ(ローンアンテロープ)  ウシ科
アフリカ中部に広く分布

オリックスに近い仲間です。



047_0710061319D_4619.jpg
049.
クロサイ  サイ科
アフリカ中部に広く分布

上唇が尖っているのが特徴です。
これは、木の葉をむしって食べるのに向いている形状です。



048_0710061327D_4623.jpg
050.
ミナミシロサイ  サイ科
アフリカ南部に広く分布

口が横に広がるのが特徴です。
これは、地面から生える草を食べるのに向いた形状です。

クロサイに比べて特に色が白っぽいわけではありません。
これは、ヨーロッパ人が口の形のワイド(Wide)をホワイト(White)と聞き違えて"White Rhinoceros"と名付けてしまい、
クロサイの方にはそれに対する命名で"Black Rhinoceros"と名付けてしまったことに原因があります。
和名はそれぞれの翻訳です。なので、体の色とは関係ないわけです。
いい加減な話ですね。



049_0710061332D_462702.jpg
051.
エミュー  ヒクイドリ科
オーストラリアに分布

レア同様ダチョウの仲間です。
見た目は怖いですが性格が穏やかで、
性質が強健なため、様々な目的で養殖されています。
肉や卵は食用となり、また、インフルエンザのワクチンの生産にも注目されています。
インフルエンザワクチンの生産には通常鶏卵が用いられるのですが、
ニワトリでは死亡率が高いのだそうです。
そこで、性質の強いダチョウやエミューを使えば死亡率が低く、
卵が大きいので効率がいいのだそうです。

2006/12/01 タスマニア 2/18



050_0710061335D_4628.jpg
052.
アカカンガルー  カンガルー科
オーストラリアに分布








5/7へつづく


コメントはこちら





撮影はすべて
70s 
TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro






投稿 2009/04/03
更新 2010/08/25 サムネサイズ




 

拍手[0回]

2009/04/03|カテゴリー 近畿Comment↑このページのTopへ

古い記事< トップページ >新しい記事

カーソルを合わせると移動先のページのタイトルが表示されます
PR
広告は当方が設置したものではありません