忍者ブログ

尖晶石ノート

2006/12/01 タスマニア 4/18

1/18へもどる



018_0612011520_0384.jpg
062.
イノデの仲間  ポリスティクム・プロリフェルム  Mother shield-fern 
Polystichum proliferum  オシダ科イノデ属 
オーストラリア東部、タスマニア 山地

80cmほどになる大型のシダです。
小葉の付根から不定芽を出します。



019_0612011534_518302.jpg
063. 
ポランテラ・ミクロフィラ  Small poranthera 
Poranthera microphylla  トウダイグサ(コミカンソウ)科 
オーストラリア南東部、タスマニア



020_0612011534_0392.jpg

021_0612011536_518502.jpg
064. 065.
キログロッティス・グラマータ  Small bird orchid 
Chiloglottis grammata  ラン科チドリソウ亜科ディウリス連 
タスマニア固有種 高地  2-4cm



023_0612011537_0394.jpg
066.
キログロッティス・グンニー  Tall bird orchid, Common bird orchid 
Chiloglottis gunnii  ラン科チドリソウ亜科ディウリス連 
オーストラリア南東部、タスマニア  5-7cm



022_0612011531_0390.jpg

  023_0612011537_518602.jpg
  067. 068.
キログロッティス・グンニー  Tall bird orchid, Common bird orchid 
Chiloglottis gunnii



025_0612011539_0395.jpg
069.
カラデニア・カルネア  Pink fingers 
Caladenia carnea  ラン科チドリソウ亜科ディウリス連 
オーストラリア南東部に広く  12-25cm

変異が多く、分類が混乱している種です。



024_0612011541_039902.jpg
070.
カラデニア・ウルガリス  Summer fingers 
Caladenia vulgaris  ラン科チドリソウ亜科ディウリス連 
オーストラリア南東部、タスマニア  15-35cm

カルネアよりも花が小さいです。
2000/09/04 西オーストラリア C. latifolium



  026_0612011540_039802.jpg
  071.
プテロスティリス・ペドゥンクラタ  Maroonhood 
Pterostylis pedunculata  ラン科チドリソウ亜科ディウリス連 
オーストラリア南東部、タスマニア 低地  6-25cm



027_0612011541_5191.jpg

  027b_0612011541_519202.jpg
  072. 073.
プテロスティリス・ペドゥンクラタ  Maroonhood 
Pterostylis pedunculata

ここで野性ランが見られるらしいことは事前に調べて知っていましたが、
過度の期待はしないようにしていました。
こんなにたくさん見つけられるとは驚きです。
(ビジターセンターから見て右側、ラッセル滝から見て左側のコースが特に多いようです)

タスマニアの地生ランは小さくて地味なものが多く、
注意して探しながら歩かないと見逃してしまいます。
コツの一つは、ランの葉には独特の雰囲気があるので、まず葉を見つけることです。
葉が見つかったら姿勢を低くしてその周りを探すと運がよければ花が咲いています。



028_0612011728_040602.jpg
074.

マウントフィールドNPを後に、ホバートの南方にあるなだらかな山、
ネルソン山 Mt.Nelson (350m)の頂上からの眺望です。
タスマン橋(全長1395m)やホバートの市街が見渡せます。
左には今朝歩いたクイーンズドメイン、泊まっているホテル、今夜の夕食をとるレストランが写ってます。



029_0612011730_0407.jpg
075.
ブルビネ・ブルボーサ  Bulbine lily 
Bulbine bulbosa  ツルボラン(ユリ)科 
オーストラリア東部に広く  50-75cm 

ブルビネ属は主に南アフリカに分布しており、数種がオーストラリアに隔離分布しています。
Bulbine fultescens (Yahoo!フォト)



020_061201184714D_041204.JPG

  021_061201184758D_0413.jpg
  076. 077.
ウェリントン山 Mt. Wellington

ホテルの窓から撮りました。
ホバートの街から一番目立つ山です。
なだらかな山容ですが、標高1471mあります。



  031_0612012011_520202.jpg
  078.
レストラン入口にあるオブジェ

夕飯はシーフードレストラン、ミュアーズ・アッパーデッキ Mures Upper Deck でいただきました。
地元では有名なお店らしいです。
後日テレビでタレントのモンキッキーがこのお店のレポートをしていて、
巨大なカニを食べてました。一度食べてみたいものです。
テレビ東京Google
ちなみにタツノオトシゴはこのお店のシンボルマークです。



030_0612012012_5205.jpg
079.
ギンカモメ  Silver Gull 
Larus novaehollandiae  カモメ科カモメ属 
オーストラリア、ニュージーランド、ニューギニア、ニューカレドニア

レストランのテラスにて。

海外に行くと、必ず図鑑類を大量に買い込みます。
昔はネット通販もありませんでしたし、
今でも手にとって中身を確認して買うのが一番効率がいいです(通販で取り寄せてがっかりすることの多いこと)。
市内に本屋さんが何軒かあるんですが、オーストラリアの商店街は閉店時間が早いので寄っている時間はありませんでした。
昨日も一応探してみたんですがすでにどこも閉まっていました。
とりあえず主だった図鑑はあちこちのビジターセンターで買えたので助かりました。

オーストラリア人は働くのが嫌いなんてよく揶揄されますが、商売熱心ではないことは確かです。
カナダのバンフで夜遅くまで商店街があいているのとはえらいギャップを感じました。
サラリーマンも残業することはほとんどなく、終業時間になるとさっさと帰るのでラッシュアワーは滅茶苦茶道路が混みます。









次へすすむ

 1/182/183/18 | 4/18 | 5/18


分類別> ラン科

分類別> ユリ科


コメントはこちらへどうぞ




062. 064. 065. 067. 069. 070. 071. 075.
D70s 
TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di

063. 065. 068. 072. 073. 078. 079.
PowerShot G6

074. 076. 077.
D70s 
TAMRON AF 70-300mm F/4-5.6 Di LD Macro




投稿 2008/01/19
更新 2008/02/23 
    2009/06/05 サムネサイズ
    2010/08/26 サムネサイズ




 

拍手[0回]

2008/01/19|カテゴリー 海外Comment↑このページのTopへ

古い記事< トップページ >新しい記事

カーソルを合わせると移動先のページのタイトルが表示されます
PR
広告は当方が設置したものではありません