忍者ブログ

尖晶石ノート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2019/11/15|カテゴリー Comment↑このページのTopへ

2007/05/02 大洗水族館

茨城県にあるアクアワールド大洗(大洗水族館)へ行ってきました。

江ノ島や海遊館に比べると見劣りしちゃいますが、それでもそこそこの規模の水族館です。
(そういえば海遊館のジンベエザメ死んじゃいましたね)

ここの水族館はサメの仲間にこだわりがあるようです。
この春に日立沖で網にかかったウバザメの解剖をしたのもここです。
Google水族館HP内の記事
関係ないですがウバザメというと昔、恐竜の死体が見つかったというニュースを思い出します。
Google




001. コンゴウフグ 
フグ目ハコフグ科



070502nisikiana_6374.jpg
002. ニシキアナゴ 
ウナギ目アナゴ科

チンアナゴの仲間です。
砂から半身を出して、海流に流されてくるものを食べて暮らしています。



070502_6362.jpg
003. マンボウ 
フグ目マンボウ科



070502_6355.jpg
004. ツボダイ 
スズキ目カワビシャ科

この水槽には他にアマダイやらキンメダイやらアカザエビやら美味しそうな魚ばかりが入ってました(笑
ツボダイはご覧の通り頭が体の1/3ばかりあって食べるところがあまり無いように見えますが、
結構身が厚くて脂がのっていて美味しい魚です。
時々スーパーとかでみりん干しや味噌漬けになっているのを売ってますね。



070502_6352.jpg
005. カミクラゲ 
ヒドロ虫目キタカミクラゲ科



070502_6363.jpg
006. ハダカカメガイ 
後鰓目ハダカカメガイ科

動画 2.01MB



070502_6366.jpg
007. マガキガイ 
吸腔目ソデボラ科 (スイショウガイ科)

動画 3.90MB

海底の有機物を食べて暮らしています。
熱帯魚の水槽に入れて掃除をさせたりする人もいます。

008. アップ
目玉がぎょろりとしていて、まじまじ見ると結構怖かったりします。



2358magaki02.jpg
009. マガキガイ 
房総半島以南からオーストラリアの西太平洋域

外見はイモガイの仲間にそっくりですが、分類上は別系統で、
むしろタカラガイやホラガイのグループです。
(イモガイはバイガイやツブガイのグループ)

食用にされ、チャンバラ貝という別名があります。
これは、生きた貝を手でつかむと、尖った蓋(画像の右に写っているもの)を振り回して逃げようとする性質によります。
普段はこの蓋を海底に引っ掛けて飛び跳ねながら移動します。

とにかく面白い特徴がてんこ盛りの貝です。





コメントはこちらへどうぞ




001~008.
PowerShot G6

009.
D70s TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di





投稿 2007/05/23
更新 2008/01/10 ほたる石画帖から移動
    2010/08/27 サムネサイズ



 

拍手[0回]

2007/05/23|カテゴリー 動物園・水族館Comment↑このページのTopへ

2003/03/15 南房総 2/2

1/2へもどる



外房線の鵜原という駅で降りて15分ほど歩くと勝浦海中公園センターがあります。

HPに割引券があります(自分で印刷する)。ホテルにも割引券がありました。
生憎の雨で暗く、また波が荒いので海底の泥が舞い上げられて見通しが悪かったですが、
覗き窓の外に餌箱が吊してあるのでかなりの数と種類の魚が見られました。
写真に撮り損ねましたがチョウチョウウオがかわいかったです。


0c18.jpg
031.
ハコフグ

動きがのんびりしている魚なんですが、
波に揺られてなかなかピントが合わない、
フレームに収まらないで苦労しました。


3aeb.jpg
032.
魚群
24
イシダイ、スズメダイ、メジナ他、とにかくたくさんいます。


電車の時間まで間が空いてしまったので近くの「海の博物館」に寄りました。
無料ですが、博物館とか好きな人には丁度いいです。


山手線環内から阿房鴨川までの乗車券を買っておくと茂原から先は乗り降り自由です。


鴨川に着いたら、とりあえずホテルにチェックインしました。
駅から徒歩15分の鴨川グランドタワーホテル
リゾートマンションを兼ねたコンドミニアムタイプのホテルです。
寝室が2室、キッチンには冷蔵庫に電子レンジ、洗濯機、乾燥機までついてます。
ホテルのすぐ近くにコンビニがあるので何日か滞在するにはもってこいです。
・・・といっても1泊ですが。

夕食にと1階の和風レストランに行きましたが要予約でした。
下調べが足りなかった。
で、10分ほど歩いて「藤よし」という海鮮料理屋に落ち着きました。
席が空くまでずいぶん待たされましたが、
さすがに魚が新鮮で刺身御膳が結構うまかったです。


10e0.jpg
033.
夜景

全室オーシャンビューなので眺めはなかなかです。


bb2d.jpg
034.
海辺

薄曇りです。左端の空に映っているのはゴミじゃなくて鳶です。


4823.jpg
035.
室内

のんびりくつろぎたい気分ですね。


c5ce.jpg
036.
ハマダイコン

朝は海岸沿いを歩いてみました。



ホテルから歩いて10〜15分くらいのところに鴨川シーワールドがあります。
入場料2200円。ホテルのフロントで前売り券を買うと何割か安くなります。


d8d4.jpg
037.
カミナリイカ (モンゴウイカ)


81c5.jpg
038.
イソギンポの仲間


eea0.jpg
039.
コシオリエビの仲間


9502.jpg
040.
イバラガニの仲間


a570.jpg
041.
ハタタテダイ


05c6.jpg
042.
ハリセンボン


a9f3.jpg
043.
オーストラリアアシカ

数あるオーストラリア産の動物の中でも屈指の和み系。


a706.jpg
044.

左手前のがオーストラリ産のコシグロペリカン。
右のがアフリカとヨーロッパを渡るモモイロペリカン。
大きさは大体同じぐらい。


9e58.jpg
045.
オウサマペンギン

去年の夏に孵化したオウサマペンギンのヒナです。
親とあんまり大きさが違うんで、
まさかコウテンペンギンのヒナなんじゃないかともう一度調べてしまいました。
シーワールド内の記事


ここは海獣類のショーが売り物です。
シャチ、イルカ、アシカ、シロイルカ等のショーが
大体30分間隔で組まれています。
一つのショーが大体30分弱なので、
席取りのための移動で忙しいです。


帰りは路線バスで鴨川駅方面に移動しました。
無料送迎バスもあるのですが、1時間に1本です。
途中下車して藤よしと同系列の回転寿司で遅い昼食を。
もう15時近かったですが、かなり待たされました。
でも、魚はなかなか美味いです。

鴨川からは特急で爆睡して帰りましたが、
路線バスで木更津まで出て、高速バスに乗り換えるのも
一つの手だと思います。




コメントはこちらへどうぞ




撮影はすべて
COOLPIX990


この記事は2003/04にYahoo!ブリーフケースにアップしたものを再編しました。



投稿 2007/11/15 記事を分割
    2010/08/27 サムネサイズ




拍手[0回]

2007/11/15|カテゴリー 動物園・水族館Comment↑このページのTopへ

古い記事< トップページ >新しい記事

カーソルを合わせると移動先のページのタイトルが表示されます
PR
広告は当方が設置したものではありません