忍者ブログ

尖晶石ノート

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/19|カテゴリー Comment↑このページのTopへ

2006/06/03 現代植物画の巨匠展

この季節、毎年通ってる某所のついでに、
損保ジャパン東郷青児美術館で「英国シャーリー・シャーウッドコレクション 現代植物画の巨匠展」を見てきました。

とにかくすごかったです。
病的なまでの細密さ。
とても真似をする気にはなれません。

特に気に入ったのは、
Helen Haywood 'Wild Cabbage' 水彩
Susannah Blaxill 'Aubergine' 水彩
Vicky Cox 'White Onion' 色鉛筆
Raymond Booth 'Veltheimia' 油彩
あと、画家の名前が分からないんですが「ズッキーニの蔓」など

ボタニカルアートというと、普通は白い紙に透明水彩というのが常識なんですが、
油彩、色鉛筆、パステル、アクリル絵具、版画等様々な画材を使っているのが意外でした。

その中でも特筆したいのが油彩画。
水彩画の書き方は下地が透けることを前提に薄い色から少しずつ塗り重ねていくのですが、
油絵具というのは全くの不透明なので、水彩とは描き方が違うわけです。
下地の状態を無視して塗り重ねていく絵具だけで質感を再構成していきます。
こうして厚みのある葉や、球根の表面の質感を見事に再現していました。
この表現は透明水彩では真似の出来ないことだと思います。

さらに驚くのは、花弁の透明感まで見事に再現しているところです。
なぜこんな魔法みたいなことができるのだろう?
しばらくこの絵の前で唸ってしまいました。

画集を売っていたのですが、どの絵も質感が再現できていませんし、
特に植物画は緻密な細部が命なので印刷の解像では肝心の部分が全くわかりません。
是非、実物に顔を寄せて舐めるように見てください。


会期は4/22〜7/2。入場料1000円。










投稿 2006/06/09
更新 2006/06/10 会期を訂正
    2011/04/22 コメント非公開
    2011/10/06 コメント再公開



拍手[1回]

2006/06/09|カテゴリー その他Comment(2)↑このページのTopへ

Comment

運よく?>>WAKAさん

2006/06/24(Sat)22:52

西新宿に用事が無かったら私も行ってなかったと思います。
偶然いいものに出会うと得した気分になりますよね(笑

No.2|by ふぉるま|URLMailEdit

見てきました!

2006/06/24(Sat)12:59

本当にいい展覧会を紹介していただいて嬉しいです。
ここで目にしていなかったら知らずに終わっていたでしょう。
見に行ってから改めてふぉるまさんの文を読むとどこがどうすごいかわかった気がします。
どれもこれもすごい作品ばかりで・・・
教えていただきありがとうございました。

No.1|by WAKA|URLMailEdit

Comment Write
Name
Title
Mail
URL

Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
古い記事< トップページ >新しい記事

カーソルを合わせると移動先のページのタイトルが表示されます
PR
広告は当方が設置したものではありません